政近 裕貴 / YUKI MASACHIKA: RUNNING

政近 裕貴 / YUKI MASACHIKA: RUNNING

政近さんは陸上部出身ではなく、大人になってからランニングを始めてフルマラソン2時間30分切りを達成しているというスーパーランナー。
市民ランナーとして家族・仕事を第一にしながら日々工夫して時間を作り練習をされているという事で、同じ環境でトレーニングを行っている多くの方々に大きなモチベーションを与えてくれる存在になるでしょう!

 

皆さんには走ることは楽しいことだということを発信し、カッコよく楽しむパパランナーとして皆さんに共有してもらえるように頑張ります❗️

INSTAGRAM: https://www.instagram.com/a8j15/

【主な戦績】
フルマラソン: 2時間28分15秒(第53回防府読売マラソン)
ハーフマラソン: 1時間9分21秒(第16回錦帯橋ロードレース)
3000m: 8分57秒
5000m: 15分20

第33回加古川マラソン 5位入賞
第37回サザンセト大島ロードレース 4位入賞

 

-----------------------

まずは自己紹介とランニング歴からお願いします。

AJ(政近裕貴)です!ランニング歴はこの4月で6年目になります!


何故ランニング・マラソンを始めようと思ったのですか?

ランニングを始めたきっかけは会社の上司からのお誘いでした!
会社の草野球をしていたのですが肩の怪我で辞めて、運動しないと太るし、何かしたいと考えていたところ、上司がマラソンを走られていてサブ3を1回目でできたらすごいよと言われて、やってみたいと思い始めました。
初マラソンは30㌔までは快調に走れていたのですがそこからはきつくて、早くゴールしたい、ゴールはまだなのかぁと闘いながら、何とか2時間54分でゴールしました。ゴール後はすごい達成感と共にみんなに抜かれているのがすごく悔しくて、もっと速くなりたいと思い、今に至ります。


エリートレベルで走り、家族を持ち、フルタイムの仕事をする上で、直面している最大の課題は何でしょうか?

市民ランナーの皆さんも色々工夫されて時間を見つけて走られていると思われますが、私自身の最大の課題は基本一人で練習するのでたまに自分に負けて、追い込みきれない時があることです。ただ今まで怪我など故障をしていないので、一番大事なのは故障をしないことだと思っています。


週単位でどのようなトレーニングプログラムを組んでいますか?

平日は基本jogをし、火・金がスピード系のポイント練習で土曜日はロング走をしています。日曜日はLTかペースランニングをしています。


2023年の東京マラソンでPB更新おめでとうございます!このマラソンに向けたトレーニングはいつから始めたのですか?またこのレースに向けた特別メニューがあれば教えてください。

東京マラソンに向けて、トレーニングを始めたのは年始からです。特別なことはしていませんが、2月の1週、2週とハーフマラソンを走り、そこでしっかり追い込めたことが良かったのかなと思っています。
まだまだ未熟ですがこれからも楽しく、速くなっていきたいと思います。

-----------------------

AJさん、インタビューありがとうございました!

Back to blog