佐藤 怜 / REI SATOU:RUNNING

佐藤 怜 / REI SATOU:RUNNING

高校で陸上部を引退し、その後は大学そして大学院に進学。
半導体メーカに技術職として就職後、趣味がてらランニングを再開。
走っているうちに高校時代の自分を超えたいと沸々と思い始め、市民ランナーとして現役復帰。社会人になってからのランニング歴は約5年。

SAYSKY ATHLETEの一員として、ランも仕事も最善を尽くします!

INSTAGRAM:https://www.instagram.com/running__diary/

【経歴や戦績】
元長距離/駅伝選手(中学~高校)
2009年全国高校駅伝2区出走

フルマラソン:2時間28分55秒(別府大分毎日マラソン 2023)
ハーフマラソン:1時間10分10秒(ハイテクハーフマラソン 2023)
5000m:15'03"(OTT 2022 11/5)
1500m:4'04"(MKディスタンス 2022 10/22 )

 

------------------------

まずは自己紹介と競技歴・ランニング歴からお願いします。

横浜市在住の佐藤怜(30歳)です!
競技・ランニング歴は中学1年生~高校3年生までの6年間と、社会人になって5年間、合わせて11年間です!(大学生時代は走るのをやめてちゃらんぽらんしており、10㎏程増量しました。笑)


高校陸上引退後、社会人になってから趣味がてらに始まったランニング。当時の自分を超える!という熱い思いが生まれたきっかけと、目標を達成した時のお気持ちを教えてください。

趣味兼ダイエットのつもりで軽い気持ちで始めたランニングでしたが、私の性格上「すべてに全力投球!!」って感じなので、レースに出る訳でもないのに、いつの間にか本気で練習をしていました。笑
それで、ここまで本気でやっているなら何か大きな目標を立てよう!と思って思いついたのが「高校生の頃の自分を超える」でした。高校生の頃は 5000m:14分41秒の記録を持っていたので、まずはそのタイムを超えたいと思っています!(まだまだ超える事が出来ていません笑)


平日は仕事で忙しいと思いますが、平日と休日はどのようなトレーニングを行って結果に繋げられているのでしょうか。

平日はなるべく仕事にも生活にも支障をきたさないように、早朝に自宅周辺を30分程閾値走みたいな感じで走っています!火曜日だけチームの練習会が織田フィールドでやっているので、そこで仲間と一緒に練習をしています!
休日は土曜日の午前中に新横浜公園でチームの練習会でロング走等をしており、土曜の午後と日曜は基本的に家族サービスに勤しんでおります。笑


インスタグラムにその日の”調子”が毎日書かれていますが、自身の調子が悪い中でもコンデションをコントロールする秘訣はありますか?

そこまで読んでいただきありがとうございます!笑
インスタの投稿では、ほとんどが「ぼちぼち」と書いてあるかと思います。「ぼちぼち」というのは、所謂「良くもなく悪くもなく、普通」の状態です。
調子を常に絶好調にしようとすると、それはそれでかなり大変なので(笑)、常にぼちぼち状態をキープするよう心がけています。
コンディションが悪い時ときは、筋疲労以外にも内臓疲労やストレス、睡眠不足や、もしくは単に練習不足などが要因としてある場合があるので、今自分が「どれが原因で調子が悪いのか」を直ぐに感じ取り、その原因をケアして「ぼちぼち」に戻していくようにコントロールしています。

 
今年の目標に向けて練習や目標レースなどのプランニングを教えて下さい。

目標は、トラックレースで「高校生の頃の自分を超える」が目標です!
そのためにはシンプルにスピード持久力がもっと必要で、今まで苦手で避けていたインターバルトレーニングに今年度は沢山励んで、スピード持久力を磨いていきたいなと思っています。まず、今年度の目標としては
1500m:3分台
5000m:14分台(5000mでは神奈川県選手権入賞が目標です。)
1000m:30分台
を目指して、SAYSKYと共に頑張っていきたいと思います!!

------------------------

佐藤さん、インタビューありがとうございました!

Back to blog